2016年07月10日

ストレスの効能〜心理学的見地からみる自分の育て方・人の育て方〜

7月06日(水)at PLUS+(ACC-611) by 仲田有佑(心理療法家)

IMG_20160706_185339.jpg


今回の先生は心理療法家の仲田有佑氏さん。
20数年人の心に携わってきた先生。この日はちょうどバースデイだったそうです。

30年ほど前は「心の病」といったらノイローゼかキチガイしかなく、その後、うつがでてきました。
今ではノイローゼよりもうつの症状の方がはるかに耳にする機会の多い、身近なものとなっています。

心の病の一つとされるADHD(注意欠如多動性障害)。
学校にいる多動症の生徒は、昔はクラスに一人程度でしたが、今は5、6人もいるんだとか。
先生一人ではとても対応しきれない状態で、ボランティアの父兄が教室の後ろで授業を見守り、多動症の生徒を抑えるそうです。

生きていく上での壁を自分の力で乗り越えていくことは心の成長となりますが、自力で対応できないことは心の病の原因となります。
心の病とは、自分の中の子どもが暴れ叫んで聞き分けがきかない状態。
それをおさえつけようとすると、悪化してしまう一方です。
それを育てようとするのが、心理療法だそうです。

日本人は劣等感がすごく強い民族。それは非を認めたくないという気持ちにつながり、相手の劣る点を探すようになるのだとか。
劣等感を抱えたプライドの高い国民性で、日本人の80%が「自分が嫌い」と答えるそうですが、自分を好きになると心の病は消えるそうです。
自分への興味を失わなければ心は折れないのだそう。
たしかに、おめでたいほどのナルシストの人は、見るからに幸せそうで心の病には無縁のようです。

現代はストレス社会と言われ、心の病気の原因はストレス(ひずみ)だとされて嫌がられますが、ストレスは悪い点ばかりではないのだとか。
ストレスは快のものと不快のものと二種類に分かれ、ストレスにチャレンジすることで心が強くなっていく、生きていく上で必要なものだそうです。
嫌いすぎずに上手な付き合い方を知ることが大事なのだとか。

ストレスの感じ方は人それぞれで、若い方が経験値が低い分耐久力が低いものです。
たとえば、子供の頃にエアコンなしで育った世代は、今でもエアコンがない状態にそれなりに対応できるものの、生まれた時からエアコンがあり、学校もエアコン完備だった世代は、エアコンがない状態には耐えられません。
それを批判せずに理解してあげないと、ストレスが発生し、心の病に発展するのだそう。
ですから年上が年下に合わせることが必要だとのことです。

自分自身が義務感を感じるものはストレスになりやすいもので、初心にかえってそれを始めた時のワクワクを思い出すことは重要だとか。
ストレスをコントロールするための方法として、やけ食いはその場しのぎではあるものの、必要な対処法だそうです。
ストレス発散のため、我慢せずにやけ食いをするのが良いようです。

心の病を抱えているのは、抜け道がない閉塞状態のように思えていましたが、先生のお話を聞いていると、向き合い方次第では克服可能なもののように思えてきました。
ストレスとはうまくつきあっていきたいものです。

2016年06月23日

ネット通販市場の動向 〜小売市場をリードし、変えていくネット通販の実態を探る〜

2016.6.22
by 公益社団法人 日本通信販売協会理事 柿尾正之、PLUS+

IMG_20160622_201549.jpg


今回の赤坂コミュニティカレッジのお題は、ネット通販市場について。
普段よりもビジネスマン風の参加者が目立ちます。
国内の話かと思ったら、全世界的な動向を語ってくれる壮大なレクチャー内容になっていました。

講師はたくさんのデータを紹介してホットな状況を教えてくれましたが、自分の情報処理能力はそれに追いつかず、分かる範囲での感想となります。

ここ近年でのネット通販市場の拡大は目覚ましく、販売額は継続的に上昇中。
長い不況も関係ないほどの売り上げです。
分野別市場でも、デジタル分野は物販やサービスの3倍の高い伸び率となり、一人勝ちといった状態にあります。

メディアの広告費は、テレビや新聞がほぼ横ばいなのに対し、インターネットのみが上昇中。
顧客は男性利用率が増加し、利用媒体はスマホやタブレット端末等のネットが急上昇しています。

そうした動向を踏まえて、ビジネスモデルの新しい構築がなされつつあるところですが、売上高上位の通販企業は、10年前は千趣会やニッセン、アスクルといった通販大手が上位を占めていたのが、現在は10年前には10以内にランクインしていなかったアマゾンが1位。
アマゾンはめざましい発展を遂げています。

小売業はデジタル化とディスラプション(秩序の崩壊)が進んでいるそう。
ネット販売の拡大の影響を受けて、店舗閉鎖が相次いでいるのは全世界的兆候。店舗数やスペースの減少が進んでいます。

今年のアメリカ小売業のキーワードは「ディスラプト、デジタル、シームレス、オンディマンド、オムニチャネル、ミレニアル世代、顧客体験、パーソナル化」とのこと。
知らない単語もちらほら見られます。

ネット販売の上位はアマゾン、千趣会、ヨドバシカメラ。
顧客満足度ではヨドバシ、通販生活、Joshin webという順位です。

世界の企業成長率ランキングのベスト10には、中国の企業が多く登場し、日本はMonotaROが9位に入っているのみ。
この辺りの物流問題(ボトルネック)が日本の今後の問題点だそうです。

ネット通販の増加に従って顕在化しているのが、深刻なドライバー不足。
今の若者は、ドライバーになりたがらず、高齢化、減少化しているそうです。
日本では送料無料・再配達が当たり前のサービスとなっていますが、こうしたコストのかかる点が、ゆくゆくは通販企業の首を絞めることになるかもしれないということです。

アメリカでは、品物配送料がかかる上に再配達のサービスはありません。留守の場合には配送者は家の前に荷物を置いて行きます。
また、ドライバーになる移民がいるためにこの点は問題化されませんが、嫌な仕事をやる人が不在の日本では大きな問題となりつつあるとのことです。

通販の成功要因は、高い価値を顧客に提供すること。
そのために、レビューサイトが大きなポイントとなっているようです。

アメリカ、EU諸国の状況の次に、中国の市場概説が行われました。
アリババの急成長が目立つ中国。その分、百貨店の閉鎖は続いているようですが、アリババグループの「天猫(Tモール)国際」が国内の圧倒的シェアを背景に、グローバル化を進めているそうです。
中国人は自国ブランドを買わないため、ネットでの海外有力ブランド取扱いに乗り出し始めたとのこと。
日本企業も次々に出店を始めているそう。
これからは商品のグローバル化も広がって行き、自社製品のみで行っている会社の限界が見えてきているとのこと。

中国はクオリティが悪いというイメージがありますが、悪い店舗は淘汰されて、顧客への対応や配送スピードなど、しっかりとしているそう。
中国政府がバックアップをしているため、勢いもあるそうです。

日本政府はこうしたネット市場へのバックアップはあまりなく、中国とは対照的だとのこと。
どちらもよしあしで、日本は国のテコ入れがない分、クリーンだけれど時間がかかるとのことです。
日本側企業はまだ戦略不足で体制が不十分といった印象だとのこと。
ビジネスの成功は現地化であり、日本は中国に対しての上から目線を変えない限りはうまくいかないとの意見でした。

このほか、現状についての様々なレポートを教えてもらい、どれもためになりましたが、私の頭がどこまで消化できているのかがはなはだ不安なところ。
とはいえネット通販の利用者として、今後の市場動向は気になる点ですし、世界的な流れがつかめたことは、大まかな理解に繋がりました。
アリババの天猫(Tモール)国際、これからどんどん日本の市場に入ってくるんでしょうね。

2016年05月12日

日本一おいしいものが集まるところ築地〜狙うは共感マーケティング〜

IMG_20160511_183310.jpg

5月11日(水) at +PLUS
by 吉澤有(テレビ東京プロデューサー)、赤坂コミュニティカレッジ

テレビ東京入局17年目のベテラン、吉澤有プロデューサーによるセミナー。
華やかに見えるTVの世界ですが、年々広告費が下がる一方で、今では斜陽の業界なんだとか。
事業局所属のため、放送収益以外の新規事業を日々探しているそう。
まずは担当しているTV番組の話になりました。
⇒ More