2019年10月30日

「Milky Way&The Moon -忘れられない、天の川へ-」

kv.jpg
コニカミノルタプラネタリウム | 満天inサンシャインシティ‎

サンシャインシティ‎に行くのは久しぶり。
まず水族館を見て、食事を済ませ、その後でプラネタリウムを鑑賞しました。

プラネタリウムといったら、水族館のように子供たちがたくさんいて、ワイワイワクワクと興奮した声があちこちから聞こえてくるイメージですが、平日夜の上映に行ったため、子供たちの姿はありません。
もともと、大人を対象にしたプログラムなので、開演前からとても静かです。

静かに降りしきる雨の音と映像から、始まりました。
そこに重なる、俳優、池松壮亮のナレーション。
おちついた声に心地よいBGM、そしてどこからか漂ってくるアロマの芳香に包まれて、早々に眠りの世界に誘われます。
素敵な空間なので、起きていたいと思って頑張ったのですが。
頭の上に、雄大な天の川が広がったあたりまでは覚えていますが、そこで無情にも、記憶は途切れています・・・。

まあ、これはヒーリング用の番組で、リラックスするのが一番の目的。
意識しなくても、その通りの状態になりました。

終わってから、連れにどんな流れだったのかを教えてもらおうと思いましたが、やはり同じく寝落ちしていたようです。
プラネタリウムには、十分睡眠をとった状態で行かないといけないということを、すっかり忘れていました。

rM4.jpg

ここの映写機はコニカミノルタ製。
日本科学未来館や川崎のプラネタリウムにあるメガスターIIがお気に入りですが、こちらも立派なマシンなので、しげしげと眺めます。
有楽町マリオンに新しくできた「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」も、気になっています。

館内が明るくなると、雲シートや芝シートの席があるのが見えました。
寝転がって、星を眺めるようになっているプラネタリウム。
もう完全に、まどろみタイム用ですね。

別の時間には、かつて2006年に観た「銀河鉄道の夜」が上映されていました。
ブログ『銀河鉄道の夜』

(あれからずーーーっと放映されているのかな)と思いましたが、たまたま今、リバイバル上映されているようでした。
今でも、その時に観た素敵な映像が心に残っているので、再上映にも納得です。

そんなわけで、内容についてたいして覚えていない結果になりました。
代わりに、心地よい眠気に誘われて、とてもリラックスしたひと時を過ごせました。
もうこれは、ヒーリングの眠りの時間を楽しむのが一番なんでしょうね。
(どうしても最後まで観たい!)という方は、行かれる際には、十分に寝だめをすることを、お勧めします。
続きを読む

2019年10月02日

「マンモス展」- その『生命』は蘇るのか -

20190608_2877536.jpg

■ マンモス展について

私の母親はマンモス好きで、過去2005年の「愛・地球博」(名古屋)、2006年の「マンモス展」(日本科学未来館)、2013年「特別展マンモスYUKA」(パシフィコ横浜)を観に行っています。(しかもどれも何回も)
毎回そんな母の情熱に圧倒されて、後姿を見送ってばかりいましたが、今回、私も同行してみました。
夏に観た科学博物館で開催中の「恐竜展」がおもしろかったというのが大きいです。
恐竜とマンモスは、太古の生物というくくりで、なんとなくごっちゃになっているところがありますが、恐竜は約6,600万年前の白亜紀に絶滅し、マンモスは400万年前から1万年前ごろに生息していた大型哺乳類で、人間と共存していた時代もある、恐竜よりもずっと近い生物です。

広大な国土を持つロシアのサハ共和国は、人が住んでいるところで一番寒い場所と言われます。
そのシベリアの永久凍土から出土した4万年前の冷凍マンモスがやってきた、13年ぶりの「マンモス展」。

過去に開催された「マンモス展」と同じような展示かと思いきや、今回は、マンモスの鼻の一部など、世界初公開のものも5点展示されている上に、地球を取り巻く環境も変わり、すさまじい勢いで進化し続けるテクノロジーの研究結果も紹介されています。

■ 過去:マンモス、太古の記憶(紀元前5万年~)

● 仔ケナガマンモス「ディーマ」

入口を入るとすぐ、仔ケナガマンモスの「ディーマ」が出迎えてくれます。
ディーマは1977年に永久凍土の中から発見された4万年前のマンモスで、38年ぶりの来日。
科学的処理を施し、現在では常温で展示ができるようになっています。
生きている姿から肉が抜け、骨と皮になった姿ながら、間違いなく生命を宿していたディーマ。
まだ小さな身体のままでその命は終わってしまいましたが、4万年の時代を超えて人々に在りし日の姿を教えてくれています。
完全体で発掘されたことに驚きと感動を覚えます。

● ケナガマンモス

巨大スペースには、ケナガマンモスの骨格標本がありました。

IMG_4516.jpg

ケナガマンモスは7種類ほど確認されているマンモスの仲間のひとつです。
約540cm、肩高:270~350cm。
寒さの厳しい地域に生息していたため、、化石だけでなく肉や毛の残った個体も見つかっている事がこのマンモスの特徴です。
また、ケナガマンモスの実物を毛の触れるコーナーがありました。
固くてゴワゴワしていました。

■ 現在:永久凍土で待つもの(2018-2019年)

現地の発掘隊が永久凍土で発掘作業を行う姿を会場のVTRやパネルで見ることができます。

● 冷凍標本

温暖化の影響でロシアの永久凍土が溶け出し、その中から冷凍標本の数々が発見され続けています。
恐竜は骨の化石しか見つかりませんが、マンモスは筋肉や皮膚、体毛が残ったままで発掘される場合があり、生きていた頃の名残を生々しく残した姿を私たちに見せてくれると同時に、当時の生態や環境を知ることが可能となります。
冷凍標本が展示されているケースは、今回の展覧会のために作られたもので、ケース内をマイナス20度以下に保ちつつ、ガラス面に霜や氷が付着しないように作られた、超特注品だとのこと。
ロシアの特別重要文化財に指定されている貴重なものばかりですが、ロシアでは冷凍保存管理を行っているのみで、展示はしておらず、見られないのだそうです。
ケナガマンモスのほかに、同時期の4~3万年前のシベリアに生息していたケサイやホラアナグマ、バイソン、ノウマなど草原に住む動物たちの冷凍標本も、今回展示されています。

● 古代ウマの完全標本・フジ

世界初展示となる、約4万2000年前の古代ウマの完全冷凍標本・フジ。

IMG_4520.jpg

この仔ウマから、古生物史上初となる「液体の血液と尿」の採取に成功したそうです。
古代馬は小さかったんですね。マンモスとはまるで異なる、すんなりした馬の前身像を美しく感じました。

● ユカギルバイソン

特別重要文化財(ロシア連邦)。
IMG_4521.jpg

骨格を見ると、完全にバイソン。水牛がツンドラ気候の地にいたということに驚きますが、バイソンが生息していた頃は草原の環境だったのが、気候変化によりツンドラへに植生が変化し、絶滅していったのだそう。

● ライチョウ

特別重要文化財(ロシア連邦)。
寒い高山に生息する、ウズラのような丸々とした姿の鳥でが、さすがに肉を失った皮と骨だけの標本は、丸みがなく、言われなくてはライチョウとはわかりません。
それにしても、こんなか弱く小さな生物も掘り起こされるんだなあと思うと、発掘作業がいかに繊細に注意を払って行われているかがわかります。

● 古代の仔イヌ

特別重要文化財(ロシア連邦)。
当時はすでにイヌの家畜化が進んでいたそうです。人と犬の関係は歴史的に長いものですね。

● ユカギルマンモス

2005年の「愛・地球博」にもやってきた、特別重要文化財(ロシア連邦)のユカギルマンモスとご対面。
今回、たいていの展示物は撮影可ですが、このマンモスは不可でした。

マンモスの頭部としては最も保存状態が良い完全な標本で、大きくねじれた牙と小さな耳、側頭腺など、冷凍標本ならではの迫力があります。
とてもカッコよかったです。
母お気に入りの、少女マンモス「YUKA」は今回来ていませんでした。
ちなみに「ユカギル」とは、発掘されたサハ共和国の地名で「ユカ」という名前はそこからとられています。

● ケナガマンモスの鼻

これには驚きました。ケナガマンモスの鼻の部分が展示されています。
象同様に、マンモスの鼻には骨がなく、やわらかいため、ほかの獣に食べられるなどして、残っているのがとても珍しいのだそうです。
特別重要文化財(ロシア連邦)

IMG_4522.jpg

復元された等身大マンモス。
しゃがんでおなかの毛を見てみました。
おなかもごわごわの長い毛が生えており、つまり全身が毛ですっぽりと覆われていました。

IMG_4524.jpg

とにかくこの角に圧倒されます。
さえぎるものが何もない草原だったので生きられたものの、建物が立ち並ぶ現代の町ではとても生息できませんね。

■ 未来:その「生命」は蘇るのか(2XXX年)

未来エリアでは、冷凍マンモスの遺伝情報をもとに動き出した近畿大学「マンモス復活プロジェクト」を紹介しています。
それによると、もしかすると現代にマンモスを復活できるかもしれないのだとか。
最先端生命科学研究としては素晴らしい挑戦ですが、生命倫理の面から考えると、複雑ですね。
およそ1~3万年前に絶滅したマンモス。
人間が地球温暖化を引き起こしたことで、シベリアの永久凍土が溶け始め、凍った姿のマンモスが発見されました。
それから40年たち、現在では人間は遺伝子操作も行おうとしています。
人間は、そこまで生命の流れに手を加えていいものなのか、考えてしまいますね。
映画『ジュラシックパーク』では、蚊の化石からDNAを抽出して恐竜が復活し、大パニックになりました。
それを観た恐怖感があるからかもしれませんが、取り返しのつかないことになるのではないかという気がします。
まだ今後どうなるかわからない状態ですし、その実現に至っては、今後じっくりと議論されることでしょう。

IMG_4526.jpg

かわいらしい仔マンモスの復元。
「セサミストリート」に登場するスナッフィーのようです!

いずれにせよ、絶滅種を復活させられるかもしれないという科学の進歩は、目覚ましいものがあります。
その未来への可能性を広げたマンモスの冷凍標本。今回のマンモス展では、古生物と先端生命科学をつなぐ壮大なプロジェクトが紹介されていました。

マンモスに扮した(?)マツコのポスターにビックリ!

20190318-mammothten_full.jpg


企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-
日本科学未来館
2019年6月7日(金)~11月4日(月・祝)

続きを読む

2019年07月31日

恐竜を追って50年~特別展「恐竜博 2019」

kyoryu_2019_main.jpg




一昨年は人体展、去年は昆虫展と、夏休みの科学博物館は、毎年子供の興味をくすぐる特集を組んできます。
今年は恐竜博。これは、大人も子どもも行っちゃうでしょう。

13日の初日から入館に100分かかるとニュースになっていました。
開始直後の混雑が引き、なおかつ夏休みの混雑が始まる前のタイミングを狙って、行ってまいりました。
(開始から17日目の7月29日に、来館者数は10万人を突破したそうです。)

想像通りに、家族連れがたくさん!
中でも、夏休みはあまり関係ないような、幼稚園以下の小さな息子を連れたお父さんのコンビが大勢います。
展示物のほとんどは、うれしい写真撮影OK。
5章構成の中で、大きなチェックポイントが3つありました。

■ チェック1:「恐ろしいツメ」デイノニクス


会場に入ると、まずは第1章『恐竜ルネサンス』。
デイノニクスの化石が迎えてくれます。
50年前にアメリカで発掘されたデイノニクスは、「恐竜ルネサンス」とされる新しい恐竜観を生み出し、そこから恐竜研究の新しい時代が始まったといわれています。
この展覧会では、それからの恐竜学50年の歩みと、最新の研究を紹介しています。

19_02.jpg

50年前の1969年は、人類が月に到着した記念すべき年。
宇宙探索と同時に、新しい恐竜研究の幕開けともなった年だったんですね。

スタミナが必要な小型肉食恐竜の一部は、爬虫類と同じ変温動物ではなく、鳥類のような恒温動物へと進化したという説は、現在広く支持されています。

854.jpg

展示されているのは、世界に1つしかないデイノニクスのホロタイプ標本。
「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスのかぎ爪の部分です。
9センチもあり、こんな爪でザックリやられたら、ひとたまりもありません。

IMG_4133.jpg
獲物に飛び掛かるデイノニクス

すごい跳躍力。自分よりも大型のテノントサウルスに飛びかかっている様子です。
大口開けて、両腕を広げて、全身を使った攻撃。
こんなのに襲いかかられたら、まさにジュラシック・パークばりの恐怖感を味わうことでしょう。


〇 「子育て恐竜」マイアサウラ


以前は、恐竜は卵を産みっぱなしで、生まれた子の世話はしないとされていました。
しかし1979年に、巣と考えられるくぼみで卵を産み、子育てを行っていた恐竜の形跡が確認され、マイアサウラと名付けられました。
「良い母親トカゲ」という意味だそうです。オスもマイアサウラですが…。

マイアサウラ.jpg
最古のファミリー

恐竜好きには、もはやおなじみの"恐竜母さん"のようです。
体長は8-9m。なんというか、本当の意味でのグレートマザーですね。

■ チェック2:「謎の恐竜」デイノケイルス


展覧会の目玉といえるのが、第2章『ベールを脱いだ謎の恐竜』に登場するデイノケイルス。
白亜紀末に生息した、全長約11メートル、高さ約4.5メートル、2.4メートルの長い腕を持つ恐竜です。
1965年にモンゴルのゴビ砂漠で前あし部分が見つかったものの、長い間他の部分が見つからず、約40年間「謎の恐竜」とされてきました。

デイノケイルスは「恐ろしい手」という意味。
見つかった前あし(=手)は、地球上に存在した全ての動物の中でも2番目の長さだそうです。恐ろしいですね!

2006年と2009年にほぼ全身の骨が見つかったことで、ようやくその姿が明らかになりました。
さまざまな恐竜の特徴をあわせもつ、想定外の恐竜であることが判明。
ここでは、デイノケイルスの実物化石の全身骨格が、世界で初めて公開されています。

デイノケイルス.jpg

● 「恐竜の王」ティラノサウルス


子供の頃、恐竜といったら、
ティラノサウルス、トリケラトプス、プテラノドン、イグアノドン、ブラキオサウルス、ステゴサウルス、プレシオサウルス・・・
おやおや、思い出せるのは3つくらいかと思ったら、結構出てきました。

ティラノサウルス.jpg

中でもやっぱり一番人気は、恐竜の王・ティラノサウルスではないでしょうか。
ハリウッド映画にもよく登場する、人気の種です。
Wikipediaに「恐竜映画」というジャンルがありますが、「ティラノサウルスを主題とする作品一覧」なんて項目もあって、ビックリ。
かなりたくさんあって、これまたビックリ。

■ チェック3:「日本の恐竜」むかわ竜


第4章は『「むかわ竜」の世界』。
北海道で約7200万年前の地層から発見されたハドロサウルス類恐竜、通称「むかわ竜」の全身復元骨格が登場します。
地元のむかわ町以外で展示されるのは、これが初めてだそうです。

かつて海だった地層から見つかったため、長い間、首長竜とみなされていましたが、近年、恐竜の化石と判明。
続く発掘調査で全体の約8割の骨が見つかり、日本の恐竜研究史を揺るがす大発見となりました。

● 首長竜と恐竜


ここで知ったのが、首長竜は、学術的には恐竜ではないということ。
恐竜は<主竜類>に属しますが、首長竜は<鱗竜形類>に属し、現生爬虫類のトカゲやヘビに近いグループになるのだとか。
たしかに、説明には「水生爬虫類」と書かれています。
ジュラ紀や白亜紀の巨大な生物は、みんな恐竜だと思っていましたが、違ったんですね!

発掘されたむかわ竜は全長8メートル超と巨大。
骨は部位が特定できたものだけでも222個あり、全体の約8割を占めるそう。
「日本一の恐竜化石」と呼ばれています。
平面に置かれた実物化石の上には、むかわ竜の立体的全身復元骨格が展示されており、化石が息を吹き返したかのような迫力です。

D_wIwEuUEAEg-Fp.jpg

● 化石クリーニングラボ


第二会場は、岩石から化石を取り出すプレパレーター作業を見られる部屋があります。
残念ながら、ちょうど担当者のお兄さんが休憩に入るところでした。
取り扱っているものは、アリゾナで発見されたワニの化石。
「恐竜じゃなくてごめん」と、小さい字でホワイトボードに書いてありました。
お兄さんの優しさ!

IMG_4137.jpg

■ まとめ


恐竜は、三畳紀後期からジュラ紀、そして白亜紀まで繁栄していましたが、約6550万年前の白亜紀に起こった<5回目の大量絶滅>で、現生鳥類につながる種を除き、突如消滅しました。

この<ビッグファイブ>で地球上全生物の75%以上が滅びます。
生き延びることができたのは、小さかった小型の哺乳類や鳥類のみでした。
その子孫が我々人間で、現在の地球で繁栄しています。

ただ、現代はこれまでにない速度で種が絶滅しており、すでに<第6回目の大量絶滅期>に突入しているのだそう。
その原因は、気候上の大変化ではなく、人間の無謀なまでの開発によるもの。
地球上の生命すべてを破滅に追いやる前に、わたしたち人間が、早急に対策を講じる必要があるでしょう。

これまで恐竜を、太古の化石としてとらえていましたが、この展覧会を見て思ったのは、恐竜の研究は、化石学や考古学というよりも、限りなく生物学に近いものになっているということ。
化石しか残されていなかった歴史の断絶期間を埋めるように、恐竜学は日々めざましく進歩し、かつて生きていた動物としての研究成果が紹介されています。
そういった意味では、かなり映画『ジュラシック・パーク』に現実が近づいているといえるでしょう。

とはいえ何千万年も前に絶滅した恐竜は、まだまだ謎に包まれた部分が多い未知の分野。
私たちの夢とロマンをかき立ててなりません。
今年の夏は、恐竜博で太古のロマンに触れてみてはいかがでしょうか。

特別展 「恐竜博 2019」THE DINOSAUR EXPO 2019
国立科学博物館
2019/7/13〜10/14

続きを読む