2016年06月11日

「アイデア・バイブル〜ミニワークショップ」

6月8日(水) 講師:株式会社博報堂 加藤昌治

1339.jpg


赤坂コミュニティカレッジセミナー、6月のテーマは「ビジネススキル」。
博報堂の方直伝の発想法のレクチャーでした。

博報堂は、次々とクリエイティブなアイデアを生み出す仕掛け人が揃っているというイメージ。
でもそういったもともと素質のある人々が入社するわけではなく、入社してから鍛え上げられて、オリジナルの発想法を体得していくのだそうです。

4人グループになってのワークショップ。
今回遅刻したら、一番後ろのテーブルに一人で座っている人がいました。
そこに案内されて、レクチャー後のワークショップは私たち2人だけで行うことに。

まずは、お題に沿ったアイデアを出し合います。
「どんなくだらないものでもいい」、「アイデアは企画とは違う」、「たくさん出た中からましなものを作り込んでいけばいい」、「とにかく出すことに意味がある」という話をしてもらったため、ばかばかしいものでも、とにかく出してみることに。

はじめから(いいアイデアを出そう)と思っても、そう簡単には出てこないもの。
そこで煮詰まるよりは、どんどん頭を動かしていく方が、ひらめきは浮かびやすいのです。
「どんなアイデアでもいい」と言われると、結構出るもので、一人8つくらいのアイデアを出しました。

IMG_5531.jpg


相手の人と、アイデアを発表し合います。
と、ここで、相手の人も博報堂の方と判明。
参加者ではなく、今回の講師の関係者でした。
プロが相手なんて、贅沢な話です。

次に、なぜか古代文字を使ってのブレインストーミングも行いました。
もう、その発想法を思いつくこと自体がすごいですね。
はじめは文字だけ、今度は絵付きで、楽しめました。

IMG_5532.jpg


今回学んだ発想法は、『アイデア・バイブル』という本になっているそうです。
新しい企画に煮詰まった時に、読んでみようかなと思います。
posted by リカ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

切り絵アーティスト福井利佐ワークショップ&トーク

13244818_10206418706093104_7405861522258802378_n.jpgACC-608 by 福井利佐(切り絵アーティスト)
at +PLUS ショールーム

古くはお札や神社で用いられていた「切り紙」。
切り紙の発展形として、昭和の頃から出てきた芸術が、切り絵だそうです。
『モチモチの木』の挿絵を手掛けた版画家の滝平二郎さんが、打合せの時に、版画代わりに切り絵を作り、見本として見せたのが始まりと言われているそうです。

「切り絵」と聞いて、落語家が喋りながらハサミを回して紙を切っていき、客のリクエストの形に仕上げるものを想像していた私。
先生の作品を見て、なんだか違うものだと分かりました。
私が考えていたものは「紙切り」という伝統芸能でした。似てるけど別のもの〜。
⇒ More
posted by リカ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

Deep日本橋三越ツアー

4c85a58a.jpg5月4日・日本橋三越本店
解説者:女将 近藤紀代子

日本橋三越本店では 毎月第二土曜日に店内ツアーが行われていますが、今回は特別バージョンということで、三越ごひいきの母と参加しました。
1999年に「東京都選定歴史的建造物」に選定された重厚な建物です。
⇒ More
posted by リカ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする