2002年06月22日

[準々決勝]セネガル×トルコ 0-1

(大阪) 長居にて。もしかしたら日本がトルコの代わりにここにいたのかもしれない、と思うとさすがに残念。
日本戦ではなくなってしまったため、急遽ここのチケットの売りさばきが白熱したという話だけれど、試合はすごくおもしろかった。
どちらも攻めの展開で、一歩も引かない構え。セネガルもバネのような身体でゴールを狙い続けるけれど、今回はトルコの方が優勢だった。でも、トルコがシュートしたボールを、セネガルのダフが猛ダッシュをかけて、ゴールから蹴りはずしたのは、もうものすごいとしか言いようがない。
お互いのゴール裏のサポーター応援がよかった。セネガル側はあざやかな3色と鳴り響く太鼓の音。トルコは昔の王様のガウンをはおっている人が応援していた。
延長戦で、ユミトダバラから途中入場のイルハンがシュート。このイルハン、ヤワラちゃん風に髪を縛っていて、ちょっとかわいい。
日本戦の時よりもトルコは強いなあと思った。

セネガルは負けたけれど、応援し続けたサポーターにきちんと挨拶していたので、とてもすがすがしかった。

[準々決勝]スペイン×韓国 0-0

(光州) これは、もしかしたら自分が観ることになっていたかもしれない試合。(スペインとイタリアかな)と思っていたけれど、韓国が出てくるとは、さすがホームチーム。
でも、今までの試合内容で、どうも韓国戦が行われるたびに誤審疑惑がささやかれているので、あまりスッキリした気持ちで見れずにいる。
韓国のサポーターはすごい。熱い。スタンドが真っ赤に染まり、試合中ずっと掛け声と太鼓の音頭が鳴り響いている。
正直、TVで見ているだけでも閉口してしまう。だからといって音声を消したら解説がわからないし。
相手チームは、この音にまいってしまうんじゃないかな。審判も、買収とかはされていないだろうけれど、この盛り上がりでなんとなく微妙な判断を下してしまうような心理も出てくるんじゃないかと思う。

しかも今回は、スペインもチームカラーが赤だから、もうほんとにどこを見ても赤い。うわ〜暑そう。
結局試合はPK戦にまでなだれこみ、最後に韓国が勝利を決めた。
スペインが勝つと思っていたから、本当にビックリした。まずは異常なほどのホームマジックの強さに驚き、そして韓国チームの根性と精神力と、技術力に感心した。ラテン3国を全制覇するなんて!
ううむ、すごいなあ。ここまでのハングリー精神が日本にも生まれる時が来るのかしら・・・
でもやっぱり、今回も誤審疑惑が浮上したらしい。あーあ。なんとなくダークな後味の残る韓国戦が続く。もしこのまま勝ち進んでも、世界からの評価は高くなさそう。どうなるのやら・・・

2002年06月21日

[準々決勝]ドイツ ×アメリカ 1-0

(蔚山) アメリカがここまで来るなんて、すごいと思う。誰一人として選手を知らないけれど、スターおらずして準々決勝まで進めるのは、選手が全体的にレベルが高いんだろうな。
試合はアメリカが徹底的に攻めていた。ドイツも攻勢だったけれど、アメリカのスピードはすごかった。
あれはDFもたまらないだろうと思うけれど、GKカーンがナイスセーブを連発し、アメリカの猛攻を死守した。
どちらも守りの展開ではなかったので、すごくワクワク、ハラハラしたし、おもしろい試合だったと思う。
それにしてもカーン、すごいなあ。ちょっと前まではパラグアイのチラベルトに勝る迫力はないと思っていたけれど、さすが彼とNo.1GKの座を争うだけあって、ど迫力。まさに地獄(見方にとっては天国か)の門番って感じ。

アメリカもよかった。特にドノバンとレイナ。本国で人気がないのはもったいないと思う。