2019年10月11日

『記憶にございません!』

『記憶にございません!』
記憶があるのにないと言う。記憶がないのにあると言う。
こうなるともう、悲劇は喜劇。

20190417-kiokunashi_full.jpg
監督・脚本:三谷幸喜、主演:中井貴一
TOHOシネマズ 渋谷

中井貴一が珍しく憎まれ役を演じるということで、気になっていました。
彼の主演は『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』(2012年)以来。
あの時の日本橋での渾身の演技には、涙を搾り取られましたが、さて今度はどんな役かというと・・・

史上最悪の支持率の首相役!

なにそれ~?

映画のCMを見ると、相当性格が悪い、イヤな役のようです。
確かにこの人の悪役って、観たことがありません。

そんな嫌われ者が主人公なんて、と若干観るのに気が重かったのですが、そこはさすがのエンターテインメント三谷作品、まったくの杞憂に終わりました。

テンポが良く、おもしろいです。
初めこそ鬱屈としていましたが、自分が記憶喪失になったこと、それをトップシークレットとして隠し通さなくてはならなくなったことで、周りも家族も、そして自分自身をも巻き込んだ、綱渡りの日々が始まります。

640.jpg

役者がみんな生き生きとして、演技上手。観ていて不安がありません。
内閣内部の動きもわかります。
議員はよく「秘書が...」といいますが、秘書には首相秘書官と事務秘書官と、また仕事が分かれているんですね。

閣僚の中に半袖半ズボンの大臣がいて、羽田総理の省エネスーツを思い出したり、吉田羊の白いスーツに、誰かを意識しているようだと思ったり、現実の内閣もちらほら透けて見えます。

草刈正雄が、ツワモノでくせ者の内閣官房長官を楽しそうに演じていました。
5人の首相の内閣官房長官を勤め続けているというやり手。
官房長官は次期首相候補だと思っていましたが、ずっとその役に居続けることってあるんでしょうか?
そんなに首相が嫌われているのなら、世論から、内閣官房長官待望論が出てこないもの?
まあ、映画なので、何でもアリではありますが…。

けっこうドロドロとした足の引っ張り合いも行われ、退陣合戦が火ぶたを切って落とされます。
「・・・スナイパーを呼べ・・・!」という官房長官の重いセリフに、てっきり首相が狙撃されるのかと思い、血なまぐさい展開になるのかと緊張したら、クスッと笑える拍子抜けのオチが待っていました。
やはり安定の三谷作品です。

この前、TOHOシネマズ六本木で、映画『おっさんズラブ』を観たばかり。
この渋谷館でも、21:30からの上映になっていました。レイトショー?
田中圭は、この映画にも警官役として登場します。
'はるたん'とはきっちり違う演技でした。やはり演技者です。

見慣れた俳優さんでも、役になり切ると、わからなくなるものです。
米国大統領が木村佳乃だったとは。外国人風メイクでわかりませんでした。
彼女は「黒髪を染めない、パーマをかけない」をモットーにしていたはずですが、役柄の上では気にしないのでしょうか?
(ずいぶん前に聞いた話なので、とっくに撤回しているのかもしれません)

また、(首相を皮肉る夜のニュースキャスターの欧米風メイクがすごいなあ、いったい誰だろう?ハーフの人っぽいけれど)と思ったら、まさかの有働由美子キャスターでした。
ええ~?びっくり!メイクの力技!
見た目も口調も変わり、もはや完全に別人になっていました。

天海祐希がカメオ出演的にちらっと出ているということでしたが、全く、かけらも気付きませんでした。
どうしても気になって、あとで出演場所を調べましたが(それは気づかないよ~)というシーンで、うなるしかありませんでした。

次に見る時も、わかっていてもまた見逃してしまいそうなトラップがあります。
しかし元宝塚の大スターを、そこまであっさりと使い切るなんて、贅沢すぎまよ、監督。

宮澤エマも出演おり、映画館を出た後で連れが「おじいさんが宮沢喜一だから、三谷監督は中井貴一と、キイチつながりを意識したのかも」と言いました。
まさかそんな?・・・でもどうなんでしょうね、三谷さん?

なによりびっくりしたのは、ROLLYが出ていたこと。
ライブに行って、間近で彼を見てきたというのに、エンドロールを見るまで全く気付きませんでした!!
メイクが違いすぎて!!!
メイクの力を、いろいろな配役から実感する映画にもなりました。

640 (1).jpg

映画のサブタイトルには、クスッと笑いました。
"Hit Me Anyone One More Time"。
「誰か、私に当てて、もう一回!」
石つぶてのこと?自虐的な叫びでしょうか?

ブリトニー・スピアーズのデビュー・シングル「…Baby One More Time」のタイトルが、もともと「Hit Me Baby (One More Time)」だったというネット情報を見つけました。
まさか、三谷監督はブリトニーの歌をもじったのでしょうか?
ファンなの?全く関係なし?
…謎です。

帰宅後、その日の夕刊に掲載されていた三谷監督のエッセイに、公開中のこの映画の話が出ていました。
主演俳優たちへの賛辞と、自分が執筆した完全オリジナルの脚本のアピールが書きこまれており、楽しく読みました。

一人の男性の一発逆転のドラマ。
どんなところからも、人はやり直せると、勇気を与えてくれる内容です。
観た人はみんな、気持ちが軽くなり、スキップして帰れそう。
音楽もストーリーに合っていて耳なじみが良く、夢がある、後味のいい映画でした。



posted by リカ at 19:06
"『記憶にございません!』"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。