2017年12月12日

都響 第844回 定期演奏会Aシリーズ

東京都交響楽団 上野東京文化会館
<プログラム>
ドヴォルザーク:序曲《オセロ》 op.93 B.174
マルティヌー:交響曲第2番 H.295
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調op.73

3046-2_ページ_1.jpg


東京文化会館に来るのは久しぶり。以前はよくクラシックの演奏会やバレエを観に来ていましたが、いつも1階だったので、上の階に上がったのは今回が初めて。
席は3階席の正面。ホールには5階席まであり(そんなに上まであるのね)と驚いて上を見上げました。
さらに両側は中2階、中3階になっていて、かみ合わせになった構造。
古めかしいホールだと思っていたけれど、かなり複雑に座席を入り組ませて、収容人数を増やしてる工夫が見られます。
各階の桟敷席の先には明かりがついており、明るい感じ。
個人的にはちょっと明るさが気になって、なくてもいいかな、と思ったけれど、デザイン効果も計算されてのものなのでしょう。
今回は、ヤクブ・フルシャ氏の都響首席客演指揮者としてのラストステージ・その1です。

1. ドヴォルザーク:序曲《オセロ》 op.93 B.174

初めて聞きました。歌劇『オテロ』といえばヴェルディの曲が思い出されますが、ドヴォルザークも作曲していたとは。
でも、彼が作ったのはストーリーに沿ったオペラ曲ではなく、序曲のみのようです。『自然と生命と愛』という演奏会用序曲3部作に含まれているもので『愛(オセロ)』と題されているようです。

ドヴォルザーク51歳の作品。都響の解説を見るに、彼は序曲《ロメオとジュリエット》も作りながら、破棄してしまったとのこと。
なんてもったいない。残っていたら、チャイコフスキーの曲と比べてみたかったです。

2. マルティヌー:交響曲第2番 H.295

こちらも初めて聴く曲作曲家も知らない人で、どの時代の人なのかも不明。
後ほど調べてみたら、20世紀のチェコの作曲家でした。
チェコの作曲家で、母国が同じフルシャ氏と感覚が合うのか、のびやかな演奏がホールに流れます。

現代作曲家ながらも伝統的な形式にのっとった、聴きやすいコード進行。
ナチス・ドイツから逃れて、アメリカで亡命生活を送ったという背景が反映されているのか、スラブ的な曲調。華やかで動的で時に物悲しく、また聴きたいと思える魅力がありました。

3. ブラームス:交響曲第2番 ニ長調op.73

今回楽しみにしていた演目。やはりブラ2はいいですね。
落ち着きと深みのある流れるような旋律に、時折情緒的な動きが入るような展開。
聴くたびに、完成度の高さをしみじみと感じます。それほど派手ではないからこそ、この曲は私にとって、録音ではなくライブでじっくりと聴きたい演目の一つになっています。

すばらしい演奏で、終演後にはスタンディングオーべーションが起こり、拍手はなかなか鳴りやみませんでした。
年の瀬も近づく頃に聴くクラシックは、また格別だなあと思いながら、帰途につきました。
posted by リカ at 16:47| Comment(0) | 【music】Classic・オーケストラ | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アンサンブルエンメ 第28回定期演奏会

Ensemble M (アンサンブルエンメ) 第28回定期演奏会
かなっくホール 11月18日 2017
M28カラーS.jpg

プログラム
1. Contemporary Christian Music
 「Ubi Caritas」「Northern Lights」「Eripe Me」「This Is My Father's World」
2. Nコン課題曲より
 「信じる」『聞こえる」「YELL」「手紙~拝啓十五の君へ~」
3. 混声合唱のための「ドラえもんのうた」より
 「ドラえもんのうた」「夢をかなえてドラえもん」「少年期」「ボクノート」
4. 無伴奏混声合唱曲集「レモンイエローの夏」より
 「レモンイエローの夏」「流れ星の行方」「国境線」「き」


母校である横浜南高のOB/OGが発足したアンサンブルエンメ。
合唱部の友人が出演するので聴きに行きました。
かなっくホールは、JR東神奈川駅と京急仲木戸駅の間にあり、東急東白楽駅からも徒歩圏内にある、アクセス便利なホールです。

1. Contemporary Christian Music
「Ubi Caritas」「Northern Lights」「Eripe Me」「This Is My Father's World」

合唱といえば、やはり長い歴史のある宗教歌曲を連想します。
美しいハーモニーに心が安らぎます。
プログラムに歌詞カードがついており、意味を知りながら歌を聴くことができました。

2. Nコン課題曲より
 「信じる」『聞こえる」「YELL」「手紙~拝啓十五の君へ~」

休憩の後、出演者全員がGパンに白シャツで登場。
全員その姿で静止している姿は、どこか不思議で、現代不条理演劇が始まるような雰囲気がありました。

3. 混声合唱のための「ドラえもんのうた」より
 「ドラえもんのうた」「夢をかなえてドラえもん」「少年期」「ボクノート」

バンダナやハンカチなど、衣裳に更に赤いワンポイントを加えて登場。
「ボクノート」はシンコペーションのリズムがキモなので、もっとスローテンポの方が和音が響くと思いました。

4. 無伴奏混声合唱曲集「レモンイエローの夏」より
 「レモンイエローの夏」「流れ星の行方」「国境線」「き」

合唱のために作られた合唱曲は、こういう機会でもないと聴くことがない歌ばかり。
やはり効果的なハーモニーの広がりを感じます。

プログラムの紙が、まれに見るほど分厚いいい用紙で印象に残りました。
また高校時代、合唱部が朗々と「エクスルターテ・デオ(Exultate Deo)」を歌うのをいつも聴いていたので、今回も聴きたかったなあと思いました。もう当時の部活ではないんですけれどね。
合唱の演奏会を聴くのは、あまりない機会なので、新鮮でした。
posted by リカ at 16:44| Comment(0) | 【play】その他 | 更新情報をチェックする