2017年06月02日

「名刀礼賛 もののふ達の美学」内覧会

e202390a.jpg2017年5月31日(水) 泉屋博古館 分館

黒川古文化研究所と泉屋博古館の連携企画特別展「名刀礼賛 ― もののふ達の美学」ブロガー内覧会に参加しました。

兵庫県西宮市に位置する黒川古文化研究所(昭和25年設立)は、東洋の古美術を2万点以上所蔵し、国宝・重要文化財を含む名刀の一大コレクションで知られています。
今回は泉屋博古館との連携企画により、東京で初めて、研究所の所蔵品が公開されることとなりました。

展示されるのは、国宝「短刀 無銘(名物 伏見貞宗)」や重要文化財「太刀 銘 備前国長船住景光」といった国宝2口、重文10口を含む、平安時代から江戸時代までの刀剣約30口と、刀装具や書画など。
「刀剣」「拵えや鍔などの刀装具」「武士が描いた絵画」の三部構成で展示されています。
 ※特別に展示室での撮影許可を頂いております。

1.jpg


泉屋博古館の野地分館長の挨拶のあと、黒川古文化研究所の川見典久研究員によるギャラリートークがありました。
磨き抜かれた日本刀を前にすると、その美しさと妖しさに取り込まれそうな気持ちになって、ただ茫然と見入っている私。
今回はもっと詳しく鑑賞できるよう、初心者にもわかりやすい解説をしていただき、刀の鑑賞ポイントとなる「地肌」「姿」「刃文」の3点を学びました。

1a.jpg
黒川古文化研究所 川見典久研究員による解説


鎌倉時代に作られた太刀は太く長いものでしたが、戦国時代になると馬上で刀が抜けやすいように、実用的に刃長が短くなり、また腰に差すようになったことで更に短くなり、銘がなくなっていったそう。
さらに実際に使っている刀は、研ぐ必要があるため、研ぐにつれて必然的に細身になっていったそうです。
そして、後の時代になると切っ先が太くなったのだそう。普通は重さ1kgほどだそうです。

実際に刀として使われながらも作られたままの形状を保つ古刀はもはや存在せず、時代を経て太刀が刀になったものもあるそう。
神社などに奉納され、実際に使用されなかった古刀のみが完成時の形で保存されているとのことです。
「細身で腰ぞりの刀は上品」との川見氏の言葉に、なんだか色気を感じるなと思いました。

時代ごとの使い方に合わせて少しずつ形が変わっていった刀。
歴史の変遷を雄弁に語っています。

【T 刀剣】
1-2.jpg

右は室町時代の太刀、左は江戸時代の刀。
太刀は刃を下にし、刀は上に向けるのが、太刀と刀の大きな違いです。


国宝は鎌倉末期の刀2点。
京都の刀工、来国俊(らいくにとし)の作で徳川将軍家伝来の国宝「短刀 銘 来国俊」と、貞宗作と伝えられる「短刀 無銘(名物 伏見貞宗)」です。

「伏見貞宗」は、8代将軍・徳川吉宗(1684〜1751)の命で編さんされたといわれる『享保名物帳』に「近江源口藩主加藤家所有の伏見貞宗」として掲載された名物刀剣の一つ。
「貞宗」とは、「正宗」の後継者と言われる相模国の刀工。
刃の長さ30.2cm。表には不動明王、裏には毘沙門天の種字が彫られています。
目利きの本阿弥家13代光忠により「金子三百枚」と大付された折り紙が附属しています。
賤ヶ岳の七本槍・七将の一人、加藤嘉明が入手したとのこと。素晴らしい刃文でした。

中世期には、日本刀の大半が備前で作られました。
今回も備前刀が13振展示されており、ほかと比べて、ダイナミックな波紋を持つという印象です。

IMG_2414.jpg


「折り紙」とは本阿弥家による刀剣の鑑定書。
室町時代以降、刀剣が贈答品としても取り扱われるようになり、その価値を証明する必要が生じたそうです。
なぜかというと、価値がわからなければ、お礼のお返しが決められないから。
日本人の風習は、昔も今も変わっていませんね。
「折り紙付き」という言葉の語源は、ここにあるそうです。
なるほど!初めて本来の用途の折り紙を見ました。
普通の正方形の色折り紙とは違い、墨で記され、花押が押された証明書を蛇腹折りにしたものが、言葉の由来となったものでした。

IMG_2409.jpg


梅花皮鮫(かいらぎざめ)の皮で作られた明治時代の鞘脇指拵がありました。
梅の花のような模様が浮き出た、華やかな逸品でした。

江戸時代に作られた日本刀は「新刀」とされます。
国包の「刀 銘 山城第禄藤原用恵国包」がありました。
国包(くにかん、初代仙台国包)は、伊達政宗の銘を受けて上洛して鍛冶を学び、のちに仙台に戻って名刀をんだ刀工。国包(二代目以降の読みはくにかね)の名は、明治の13代目まで続きました。

また、井上真改の「刀 銘 山城第禄藤原用恵国包」もありました。
大阪正宗と言われた刀工で、刃には不動明王の化身、倶利伽羅剣が刻まれていました。

【U 拵えと鐸・刀装具】
41-42.jpg



江戸時代になると、武士達が戦で刀剣を使うことは、実際にはほとんど無かったそうです。
派手な鞘を作れなくなったこともあり、変わりとして刀の鐔(つば)や目貫といった刀装具の細工に凝るようになりました。
49点の刀装具を展示。冒頭に展示されていた守長「太刀 銘 守長造」の附属物もありました。

IMG_2407.jpg


さまざまな技法を駆使して、鐔、小柄、笄(こうがい)といった小さな刀装具に花鳥風月、故事、和歌などの意匠を表しています。
鍔の素材が多岐に渡ることを、初めて知りました。

IMG_2408.jpg


御用彫物師の後藤家の作品もありました。細工の精巧さを確かめたくて、手元ルーペが欲しくなります。
今回の展覧会では、そんなニーズに応えて、単眼鏡の無料貸し出し・販売も行っています。

【V 絵画−武士が描いた絵画】
IMG_2415.jpg


戦がない間、絵画を描き、その才能を開花させて、画家となった武士もいました。
渡辺崋山といったら蛮社の獄ですが、彼は武士であると共に画家でもありました。
彼の弟子として作画を学んだのが椿椿山(つばきちんざん)。
その師弟の作品が並んで展示されていました。

刀剣の一大コレクションを誇る黒川古文化研究所の所蔵品を目の当たりにできるのは、都内では初めてのこと。初心者にもわかりやすいような解説パネルもあります。
時代ごとの刀や装身具の変遷がわかるとともに、刀を通して武士の教養の高さと美意識を感じることができ、たしかに「名刀礼賛 もののふ達の美学」という名の通りだと納得できる展覧会となっています。

特別展「名刀礼賛 ― もののふ達の美学」
 開催期間:2017年6月1日 〜 2017年8月4日
 開館時間:10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
 会 場:泉屋博古館 分館(東京都港区六本木1-5-1)
 休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌日休館)

2017年05月29日

東京工業大学管弦楽団 第156回定期演奏会

pic29thum2.jpg2017年5月27日Sat.
めぐろパーシモンホール 大ホール
指揮: 末永 隆一

 <プログラム>
G.ヴェルディ 歌劇「運命の力」序曲
G.ビゼー 「アルルの女」第1組曲
J.ブラームス 「交響曲 第1番 ハ短調」

東工大オケを聴くのは、これで2回目。前回の演奏がとてもよく、さらに今回のプログラムは好きな曲ばかりだったので、今回も母と一緒に聴きに行きました。

学生オケにしてはかなりレベルが高いと思います。本人たちの演奏力はもちろんのこと、各パートについているトレーナーの腕がよいのでしょうか。

歌劇「運命の力」は、ふだん歌劇ではなく曲でばかり聴いているため、序曲しか知りません。タイトルの力強さに反して、登場人物は相思相愛の男女なのに、メロドラマが転じてシェイクスピアの悲劇並みに救いのないストーリーだということを知りました。

「アルルの女」も、悲恋です。おおよそにして、悲恋ものだとドラマチックな曲になるということなのでしょうか。曲調に合ったキレがある演奏でした。

ブラームスの「交響曲 第1番」は、かなり時間をかけて作ったとは知っていましたが、完成までに足掛け21年かかったとのこと。完璧主義なんですね。
お父さんがコンバス奏者だということも、解説で知りました。
ブラ1は、オーボエにクラリネット、フルートにホルンと、ソロ楽器の見せ場が各所にありますが、第2楽章には交響曲にしてはめずらしく、ヴァイオリンの長めのソロもあります。ここをコンマスが美しく弾ききったので、拍手喝采しました。

アンコールはブラームスの「ハンガリー舞曲 第5番」。今回も満足度が高い演奏会でした。
演奏後、指揮者が拍手を浴びながら一旦ステージから下がる時、普通はさっそうと足早に歩くものですが、この指揮者は前回も今回もかなりゆっくり歩く人だなあと思って眺めていました。力を出しきって憔悴しているのか、拍手の時間を長く持ちたいのか、また違う理由なのかは、わかりませんが。

2017年05月22日

「大エルミタージュ美術館展」“仮装ナイト”

IMG_2300.jpg


エルミタージュ美術館の所蔵品展覧会は、これまで何度も国内で開催されていますが、目下森アーツセンターで開催されている「大エルミタージュ美術館展オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」では、タイトルの通りに西洋の名画が展示されています。

展覧会会場にて開催された仮装ナイトに参加しました。
「もしあなたが宮殿の主、エカテリーナ2世に舞踏会&コレクション鑑賞会に招かれたら…?」というイメージでドレスアップした紳士淑女たちが、世界的名画に囲まれた会場内に集っています。
笑いさざめくロングドレス姿の女性や、仮面をつけた男性たち。スタッフは頭に銀色のティアラを付けています。
非日常感たっぷりで、本当に宮殿にいるような優雅な気分になりました。
(ちなみに私は、ワンポイントでもOKということで、仮面とヘッドドレスで参加しました)

IMG_226.jpg
ウィギリウス・エリクセン「戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像」1760年代
の前で集う方々

IMG_227.jpg


1 イタリア:ルネサンスからバロックへ
2 オランダ:市民絵画の黄金時代
3 フランドル:バロック的豊穣の時代
4 スペイン:神と聖人の世記
5 フランス:古典主義的バロックからロココへ
6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

作者の国別にまとめられているため、特徴がわかりやすく、ルネサンス期にそれぞれの国がどのように発展したかを、絵画を通じてうかがい知ることができます。

・・・・・・

1 イタリア:ルネサンスからバロックへ

IMG_2272.jpg
ティツィアーノ・ヴェチェリオ「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」1538年


モデルはビロードのコートを羽織っており、豊かな光沢が見て撮れます。
白い羽根飾りつきの帽子がゴージャス。
貴族の少年のようにも見える、凛とした表情です。

・・・・・・

IMG_2276.jpg
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエボロ「受胎告知」1724-25年


品のある落ち着いた色彩と動きのある構図の織りなす、調和のとれたバランス。

・・・・・・

2 オランダ:市民絵画の黄金時代

17世紀にバロック絵画がイタリアからユトレヒト(オランダ)に伝わったことで、アムステルダムで市民絵画の黄金時代が興隆しました。

IMG_2280.jpg
左ヘラルト・ファン・ホントホルスト「陽気なリュート弾き」
右ヘラルト・ファン・ホントホルスト「陽気なヴァイオリン弾き」
中央ディルク・ハルス「ホーム・コンサート」


呼応し合っているような絵の配置がいいですね。見るからにとても楽しそうな演奏家たち。
明るい音色が聴こえてきそうな演奏会の光景です。

・・・・・・

IMG_2281.jpg
レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン
「運命を悟るハマン」1660年代前半


旧約聖書の『エステル記』に登場する一場面。
ペルシャ王の側近のハマンが、王の逆鱗に触れて死刑宣告を受けたシーンです。
ハマンの絶望的な気持ちを表すかのように、レンブラントらしい深い闇が広がっています。

・・・・・・

3 フランドル:バロック的豊穣の時代

17世紀、フランドル地方ではバロック文化が栄えました。

IMG_2284.jpg
ピーテル・ブリューゲル(2世)「スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色」1615-1620年頃


楽しそうにスケートやカーリングをして遊んでいる光景。
しかし足元の氷はいつ割れるのかわからず、人生の不安定さと不確実さを表す寓意になっているのだそう。
そんな隠れた意味を持つとは知りませんでした。ある意味メメント・モリにもつながりますね。

・・・・・・

IMG_2285.jpg
ルーベンス「マリー・ド・メディシスの戴冠式」1622年


ルーベンスは、フランス王妃マリー・ド・メディシスの生涯をテーマに24枚の連作を描いています(ルーヴル美術館所蔵)が、それとはまた別に描かれたもの。
白い影のような美しさが印象的でした。

・・・・・・

IMG_2286.jpg
スランス・スネイデル「鳥のコンサート」


大型のキャンバスいっぱいに描かれた大小さまざまな鳥たち。
写実的で羽根の一枚一枚まで細かく描きこまれています。
コンサートといっても、楽器を奏でているわけではありません。
それぞれが鳴き声を発している様子を表現しています。

楽譜を持っているフクロウが指揮者役のようですが、見るからに統制がとれておらず、にぎやかさとユーモラスさに満ち溢れています。

・・・・・・

4 スペイン:神と聖人の世記

スペインでは、聖人を市井の人々のように描く手法が取り入れられました。
荘厳さよりも親しみやすさが特徴的な宗教画が多いのは、そのためでしょう。

IMG_2290.jpg
フランシスコ・デ・スルバラン「聖母マリアの少女時代」1660年頃


聖母マリアの少女時代を描いた絵は珍しいものですが、その中でも幼いマリアが無垢な瞳で祈りを捧げるこの作品は、愛くるしさにあふれています。

・・・・・・

IMG_2289.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ」1660年頃


IMG_2288.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「受胎告知」1660年ごろ


ムリーリョの絵は3枚。どれも優しげで温かい、ムリーリョらしさにあふれた作品です。

スペイン絵画コーナーは3名の画家の作品5点の展示で、他に比べてぐんと少なかったのですが、どれもクオリティが高い逸品揃いでした。

・・・・・・

5 フランス:古典主義的バロックからロココへ

やはり王道のフランス絵画。このコーナーの作品が一番多かったのですが、ここから先は撮影不可エリアとなりました。

フラゴナール作品からは有名な「盗まれた接吻」が来日。
とてもフランスらしい絵なので、これがフランス国内の美術館ではなく、エルミタージュの所蔵品というのが少し意外です。

ニコラ・ランクレ作品は2点。フラゴナール風のタッチの画家です。
クロード・ロランの「港」もありました。
ジャン・シメオン・シャルダンの「食前の祈り」は以前にも見たことがあります。
私はシャルダンというとこの絵を思い出しますが、彼がメインとして描くのはは風景で、この人物画は珍しいのだそうです。

・・・・・・

6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

poster02.jpg
ルカス・クラーナハ「林檎の木の下の聖母子」 1530年頃


最後のコーナーに展示されていたのが、今回の展覧会チラシの表紙を飾った作品。
リンゴの樹の下の聖母子、背後に生い茂る森や流れる川など、自然の豊かさを感じさせるものになっています。
当時は、クラーナハの描くようなあごが細いやせ形の女性が人気だったのだそう。
今回、エルミタージュからの貸し出しに一番骨を折ったのがこの作品だと聞きました。

トマス・ゲインズバラ「青い服を着た夫人の肖像」も有名ですが、タイトルに反して、夫人が着ているのは青い服ではないとのこと。
(えっ?)と不思議に思い、近づいてよく見ると、確かに違いました。
ドレスの色は白でした。ショールが青かったので、青いドレスのイメージになったのです。
印象の強い方をとってタイトルにしたのでしょう。

・・・・・・

スーベニアコーナーには、絵や絵葉書のほかにかわいらしいオリジナルグッズがたくさん。
チェブラーシカが「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」の格好をした"なりきりチェブ ぬいぐるみ"もありました。

IMG_2292.jpg


「大エルミタージュ美術館展」は6月18日まで公開中です。

IMG_2297.jpg
posted by リカ at 18:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

健康なカラダ ヒモトレ講座 〜ひも一本でカラダ改善!!〜

IMG_2259.jpg

by 小関勲 at 赤坂+PLUS

今回は、紐を使ってトレーニングをする講座。
講演者は、ヒモトレ提唱者の小関勲先生。
紐を使ってのエクササイズといったら、思い出すのはジムなどで使われるチューブトレーニングですが、それとは違いました。
手渡されたのは、ゴムではなく普通の紐だったのです。

弾力も反発力もない紐だと力の入れようがないため、トレーニングにならないのでは?と思いましたが、それは大きな間違いでした。
そもそも、力を入れる必要がなかったからです。

普段だと身体の正面から押されると負けて動いてしまう自分の身体が、紐をかけただけで外からの力を跳ね返すことに、自分でびっくり。
特に力を入れたわけではないのに、ただ紐をかけただけで、身体のパフォーマンス力が変わるなんて。
参加者たちと顔を見合わせて、不思議がります。

見ているだけだとインチキっぽいのですが、実際に自分でやってみても効果を感じます。
嘘のような本当の話。
「意識ではなく無自覚のクセに働きかける」ためだと、先生は言います。
それが全身のバランスを整えてくれるようです。

IMG_2260.jpg


足首、肘、肩、頭など、症状に応じてさまざま。
どこも、ひもを当てると巻いたところが安定するそうです。
先生の元を、水泳、野球選手、ゴルファー、なでしこなど、多くのプロの運動選手が訪れるそう。
チェロ演奏者の動画もありました。紐をかけるとは音のツヤや豊かさが変わってきます。
また、人間だけでなく動物の脱臼の予防にも効果的だそうです。

IMG_2261.jpg


今の人は全体的にバランスが良くなっているものの、裏(背中)の力が足りないとのこと。
昔の人は一俵(60kg)を持てたそうです。
信じがたい話ですが、俵かつぎという力比べで、米俵を5、6俵背負った女性たちの写真が映し出されました。
力持ちだったんですね。かつての米泥棒は2、3俵を一人で担いで、追っ手から逃げたそうです。
10kgでも腰が引けてヒーコラ言っている私にはとても無理!
そういうご時世だからか、今のお米は半俵(30kg)に減っているそうです。

シンプルな身体リセット術。
テーピングにも似ていますが、そちらのような専門的知識は一切要りません。
なにより「頑張らない・我慢しない・結果を気にしない」という、効果を求める際の禁じ手3連発がモットーになっているというところが革命的です。
ちかぢか、ヒモトレ講座の著書も発刊されるとのこと。
心がけて生活に取り入れていきたいと思います。⇒ More
posted by リカ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

日本のエンターテインメントを学ぶ 宝塚歌劇に誘う7つの扉(入門編)

2017年3月15日(水) by フリージャーナリスト 中本千晶

IMG_1361j.jpg


2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団。
十代の頃から周りにヅカファンがおり、これまでに何度か観劇したことがありますが、まだまだ敷居が高く、知らないこともたくさんあります。

56035_thumbnail.jpg


今回は入門編として、基本のきの時から教えてもらうことに。
タカラヅカを知る7つのキーワードについて、解説してもらいました。

1.「男役と娘役」
どちらになるかは本人が決めますが、やはり身長がめやすになるそうです。
165cm以下だと娘役、167cm以上だと男役。
スターといったら男役ですし、男役はとっても人気ですが、「男役十年」と言われるように、無意識でも常に男性っぽい仕草ができるようにならないといけないのだそう。

しかも、ただ普通の男性のような振る舞いが身についてもダメなんですね。
理想のカッコイイ男性の仕草ができるようにならないといけないそうです。
これは難しいですね!だからこそ、憧れる女性が後を絶たないのでしょう。

娘役は、華麗なドレスさばきができるようにならなくてはなりません。
また、衣裳に合わせるアクセサリーや髪飾りは、なんと自前なんだそう。
衣裳は直前に決まるため、アクセサリー選びは時間との闘いになってしまうそうです。

タカラジェンヌには定年はないのだそう。
「白薔薇のプリンス」といわれた春日野八千代という男役スターがいたことを知りました。やっぱりプリンスなんですね〜。

退団して芸能界に入る人も多い中、この人は96歳で亡くなるまで、宝塚歌劇団の現役団員だったそうです。

2.「ベルサイユのばら」
一番の人気舞台は、「ベルばら」と「羽根」。
ベルばらを見られるのは、もちろん公演がある時だけですが、ビギナーの方はいつでもやっていると思いがちだそう。残念ながら違うんですねー。
オスカル版だけしか見ていない私は、アントワネット版も見たいと思っていますが、なかなかチャンスをつかめずにいます。

宝塚の公演は3時間で、基本は演目2本立てにショー、レビューがあるもの。
でもベルばらは長い舞台なので、1本のみです。

3.「組」
この日の参加者は、思ったよりも男性の姿が多く見られました。
宝塚の組について尋ねられた前席の男性は、考えながらも全部答えていました。
一組に80人が所属しているそうです。
また、花月雪星宙の5組のほかに、特定の組に所属しない専科があり、各組の公演に出演しているそうです。

4.「羽根」
トップスターが羽根をしょって大階段を下りてくる様子は、とても華がありますね。
まさに花をしょって登場する少女マンガのヒーローのよう。
あの羽根はオーストリッチ(ダチョウの羽)やキンケイのものだそうです。
以前に比べて、どんどん巨大化してきており、20キロ以上の重さがあるそうです。

topicscd6294522097dbb9fa3ca1a1f8707b88.jpg


5.「宝塚音楽学校」
とても人気があるため、倍率20倍も高く「東の東大、西の宝塚」とも称される宝塚音楽学校。2016年は27倍の倍率だったそうです。
周りにもチャレンジした子が数名いますが、やっぱり狭き門でした。。。

6.「ヅカファン」
周りを見てもコアなヅカファン。
会場前で、ヅカファンの友人のお目当てスターの入り待ち、出待ちをしたこともあります。
男役は娘役の10倍のファンが待っているそうです。

タカラジェンヌのプロフィールが掲載された『宝塚おとめ』という年1回の発行の雑誌があるのだそう。
宝塚の雑誌が何冊も出ているのは知っていますが、これは団員年鑑としてチェックしてみたいものです。

7.「小林一三」
阪急電鉄だけでなく、温泉やプール、宝塚を作った人。今でいうベンチャーですが、のちに東宝(映画)も立ち上げたビッグなビジネスマン。
宝塚歌劇団の父として、今でもタカラジェンヌたちに慕われているそうです。

宝塚歌劇団は、100年前の1914年の第一回公演の時から、明治時代に海外から入ってきた洋楽やオペラを取り入れていました。
毎回オーケストラによる生演奏が行われるのも、宝塚の魅力の一つで、前身から数えると日本最古のオーケストラとも言われるそうです。

宝塚歌劇についての非売品の限定パンフレット『TAKARAZUKA REVUE FIRST STEP』をいただきました。
オールカラーでとてもわかりやすい内容です。
IMG_1252.JPG


帰りがけに、後ろの席の女性たちが、ネットでさっそく次の東京公演のチケット申し込みをしていました。
最近とんとご無沙汰でしたが、いろいろと話をきいて、久しぶりに華やかな舞台を観にいきたくなりました。
いつかぜひ、本場の宝塚での公演を観劇したいなあと思います。