2018年04月17日

特別展『名作誕生-つながる日本美術』

00089578.jpg


日本美術史を華やかに彩ってきた名作の数々。
本展は、制作時期の社会背景やその影響といった面から、「つながる」というモチーフのもとに、日本を代表する名作を紹介しています。

第1章 祈りをつなぐ
第2章 巨匠のつながり
第3章 古典文学につながる
第4章 つながるモチーフ/イメージ

構成は大きく4章に分けられ、さらに12のテーマに分けて名作を紹介しています。

111.jpg
国宝《普賢菩薩騎象像》(ふげんぼさつ きぞうぞう)
平安時代・12世紀 東京・大倉集古館蔵


第1章『祈りをつなぐ』のテーマ2「祈る普賢」で採り上げられるのは、普賢菩薩像。
象に乗っている姿は共通していますが、作品ごとにいろいろな表情があります。
普賢菩薩はこれまでもっぱら仏像ばかり見てきて、絵画を見る機会はなかなかなかったためか、描かれた普賢菩薩の周りを大勢の女性陣が取り囲んでいる絵に目が留まりました。

sec2-4.jpg
重要文化財《普賢十羅刹女像》鎌倉時代・13世紀 奈良国立博物館蔵


かつては鬼神でしたが、法華経の善神となった信心深い10人の女性、十羅刹女(じゅうらせつにょ)だそうです。
女性たちに取り巻かれた普賢さまは、ファンに囲まれたスターのようでした。

222.jpg
重要文化財《仙人掌群鶏図襖》(さぼてん ぐんけいず ふすま)
伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 大阪・西福寺蔵


さすがは若冲、鳥の動きどころか、息遣いまで感じさせる力強い描写です。
左から2羽目の凛々しく立つ雄鶏は、かつて切手にもなりましたね。

次は第2章『巨匠のつながり』のテーマ6「若冲と模倣」。
中国・明時代の「鳴鶴図」を手本に、17世紀に狩野探幽、18世紀に若冲が行った模写作品が並んで展示されていました。
若冲は、天才絵師という評価を受けていますが、作品を見ると、名作を模倣し、地道に研鑽を積んで、きちんと技術を高めていったことが伺えます。

20171027e07.jpg
国宝《松林図屛風》長谷川等伯筆
安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵


第4章『つながるモチーフ/イメージ』のテーマ9「山水をつなぐ」には、日本水墨画を代表する等伯の松林図屛風。
いろいろな展覧会で何度も見たことがありますが、何度見てもやはりいいですね。
この作品の展示期間は4月13日(金)~5月6日(日)となっています。

444.jpg
菱川師宣《見返り美人図》江戸時代・17世紀 東京国立博物館


テーマ12「人物をつなぐ」には、こちらもまた切手になった見返り美人図がありました。
「浮世絵の祖」とよばれている元禄期の菱川師宣ですが、先ほど東京芸大美術館で観た『東西美人画の名作 《序の舞》への系譜』には、彼の作品はなかったなあと思い起こします。
描かれるはつらつとした人物像は「菱川様の吾妻俤(ひしかわようのあずまおもかげ)」と言われたそう。

130点にもなる名作を観終わった最後に、『国華』が3冊展示されていました。

明治22年創刊の日本・東洋古美術研究誌『國華』は、現在も発行中の、日本で最も古い雑誌。
本展は『國華』創刊130周年記念と朝日新聞140周年を記念しての特別展です。
この日本を代表する美術雑誌を、いつか手に取って読んでみたいと思います。


特別展『名作誕生-つながる日本美術』
4月13日(金)~5月27日(日)
東京国立博物館 平成館


posted by リカ at 17:00| Comment(0) | 【finearts】日本画 | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

bijinga.jpg


今回の展覧会は、上村松園『序の舞』(重要文化財)の修理完成記念の一般公開。
江戸時代の風俗画や浮世絵から、『序の舞』に至るまでの明治期から昭和戦前期までの、東京と関西での美人画の系譜をたどっています。

構成は分かりやすくシンプル。
第1章 美人画の源流
第2章 東の美人
第3章 西の美人
第4章 美人画の頂点

20180414002134cfd.jpg


鈴木春信や喜多川歌麿、上田松園と比較されて「東のしょうえん」と言われ、明治・大正期に活躍した池田薫園など、そうそうたる画家の作品が貼らびます。

鏑木清方の(きよかた、なんですよね。いつもきよたか、と言い間違えてしまいます)が樋口一葉を描いた「一葉」とその作品の挿絵「にごりえ」もありました。

また金子孝信「季節の客」、三浦孝の「栄誉ナラズヤ」、水谷道彦の「春」など、戦争で死亡した東京美術学校学生の卒業作品も展示されていました。
藝大は、画家にならずして亡くなった無名の学生の名作も所蔵しているため、展示できるという強みがありますね。

そして美人画の頂点として「序の舞」が置かれています。
41EDWg1Tb-L.jpg
上村松園《序の舞》(重要文化財)昭和11年(1936) 東京藝術大学蔵


凛として控えめで美しい日本女性。
こうした美しさを描きだせるのは、やはり女性ならではないかと思います。

さまざまな美人画の中でも、印象的だったのは次の2点。
456_n.jpg
島成園「香のゆくえ(武士の妻)」大正14年(1915)
福富太郎コレクション資料室蔵


島成園は、松園、池田蕉園とともに"三園"と称せられた画家(全員女性)。
描かれているのは木村重成の妻、青柳。大阪夏の陣に豊臣側として出陣する夫の兜に香をたきしめる様子です。
討ち死にした重成の首が家康の元に届けられた時、香の香りが漂って、家康は妻の覚悟に感じ入ったという逸話を描いています。
そんなエピソードを知ってみると、その表情のはかなさが理解できます。

1362ded6.jpg
松本華羊「殉教(伴天連お春)」大正7年(1918)頃
福富太郎コレクション資料室蔵


松本華羊も女性画家。華やかな桜と幸せそうな表情の女性とは不釣り合いな、手錠をかけられた様子。
キリシタンとしてとらえられた吉原の遊女朝妻が、処刑される前に桜の花を見たいと望み、彼女を憐れんだ役人が、望み通り桜が咲くのを待って処刑したという「朝妻桜」の伝承に基づいた作品だそう。

参考出品として上村松園の画材一式が展示されており、その中に木の定規がありました。
ふと見ると、普通の定規よりも大きい目盛でした。
初めて見る尺差し。センチメートルが一般化される前は、尺差しが使われていたんですね。

今回は、音声ガイドが無料という嬉しいサービスで、ほとんどの人が借りていました。
さらにBGMとして、芸大教授監修によるフレンチ・クラシックなどが流れ、フォーレやドビュッシーの曲を聴くことができるのも藝大美術館ならでは。
能楽囃子を聴きながら「序の舞」の現物と向き合えるという贅沢を味わえました。

-------------------------------------------------
東西美人画の名作 《序の舞》への系譜
2018年3月31日(土)〜5月6日(日)
東京芸術大学美術館
-------------------------------------------------
posted by リカ at 18:08| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする